発売されました。
 
IFRSと日本基準の違いを記した書籍は比較的多く見られますが、IFRSを適用した
場合の有価証券報告書はどのようになるのかという「開示」や、IFRSを導入するには
どのようにプロジェクトを進めていけばよいのかという「導入実務」について記載した
書籍はまだまだ少ないように感じています。
 
そこで、以前よりIFRS導入支援や大学院講師、セミナーなどをご一緒してきた
公認会計士の武田雄治先生とともに、「開示」と「導入実務」を中心とした書籍を
出版することにしました。
 
講師としての「理論面」と実際の導入支援コンサルティングを通じての「実務面」の
両面から得た経験を踏まえて、分かりやすく、かつ、実務に役立つ一冊にしようと
記した書籍です。

実務で使える各種テンプレートなども掲載してますので、現在IFRS導入プロジェクトを
進めている会社の方のみならず、これからIFRSを導入する予定の会社の方、IFRSの
開示と導入プロジェクトの進め方に興味がある方にもぜひ読んでいただきたいと思います。